Top
*2o13o1o6
d0110801_3164370.jpg


Victor Baltard (1805-1874). Iron and Paintbrush
@Musee d'orsay

前回は印象派エリアが改装された直後だったこともあり、印象派。

また、パリ市内のHector Guimardの建築を見て回ったこともあり、アール・ヌーヴォエリアを

中心に見て回ったオルセー美術館。

今回は、

1866年、パリ1区に建設されたパリ中央市場(レ・アール)の設計を担当した、

Victor Balard(ヴィクトール・バルタール)の特別展を見てきた。


展示内容は、

画家としての才能もあったバルタールの計画した建築物の図面や模型、

絵画などによるもので、どの図面も美しかった。


展示鑑賞後に調べて知った内容だが、

当時経済性及び機能性にも優れた鋳鉄とガラスで設計された、

約7haの敷地に地上2階、地下1で立てられた巨大市場、レ・アール。

1971年に解体されたが、

ガラス屋根付きアーケードで連結された10棟のうち1棟は郊外の森の中に保存され、

地下に使用されていた13本の鉄骨柱とアーチ梁は

横浜市のみなとの見える丘公園内に保存されている。

このレ・アールの解体後、

歴史的建造物の解体は罪だという声が多くあり、

廃駅後、当時ホテルとして使用されていた現オルセー美術館の解体予定を辞め、

現在のように美術館へと用途変更したという。

ちなみに現オルセー美術館は、

1900年に建設され、39年で廃駅となり、

大戦中は捕虜や流刑囚の収容所だったらしい。

パリ市内の名所は、

悲しい歴史のある場所が多い気が。

アンヴァリッドにしろ、コンシェルジュ、サンス館など。。。
[PR]
by mkiwi | 2013-01-07 03:17 | *daily life
<< *2o14o712 *2o121oo1 >>


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログパーツ
*Link
以前の記事
2014年 07月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
カテゴリ
全体
*architecture
*design
*city
*competition
*cycling
*daily life
*friends
*memo
*movies
*music
*school life
*book review
*vocation
未分類
フォロー中のブログ
アキチ ノ キモチ。
NOTEBOOK
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧