Top
<   2009年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧
*2oo91214
d0110801_2215017.jpg


先週の土曜日、12日の事。

夏終わり頃からU介と話に出ていた

北関東エリアの隈研吾建築巡りをやっと実行。

スタバで行く場所を確認後、10時に津田沼を出発。

レンタカー予約で標準タイプの車を選んだのに、

手違いでボックスカー(ステップワゴン)が。

まぁいいかと、後部座席に余分な空間を感じつつも栃木へ。

今回選んだ建築は、

*馬頭広重美術館 (隈研吾)

*宝積寺駅ちょっ蔵広場 (隈研吾)
 
*作新学院大学 (隈研吾)

*SUMIKAプロジェクト (藤本壮介・西沢太良・伊東豊雄)

以上の4箇所。

他にも、石の美術館(隈研吾)や大谷採石場跡、

SUMIKAプロジェクトのもう1つの作品である藤森照信さんの作品もあったが、

移動距離や時間から断念。

北から攻めることとし、馬頭広重美術館を目指す。

途中で宝積寺駅付近を通る事から、

宝積寺駅を見て、隣接するちょっ蔵広場で昼食をとることに。

d0110801_2225026.jpg

d0110801_222386.jpg


宝積寺駅周辺はほとんど人気はなく、

住宅がちらほらと、コンビニと商店が1件ずつあるくらいの場所。

まわりも開けているため、駅のデザインは目立っていた。

先月行った隈研吾建築展@Gallery間でも見た、

ひし形の木枠が天井から下がっているようなデザイン。

この他にも、浜名湖花博メインゲートでも同じような

上からぶら下がるようなデザインをしていた隈さん。

この上から何かがぶら下がっているようなデザイン、個人的に好きである。

d0110801_2232660.jpg

d0110801_2233529.jpg


車を止めた側と駅の反対側にちょっ蔵広場はあった。

d0110801_2240100.jpg

d0110801_226726.jpg


敷地内に建っていた大谷石を利用した3棟の石蔵を移築、

もしくは石材だけを再利用してイベントホールと物産・カフェの2棟に集約。

への字に加工された再利用の大谷石が独特な組積壁を構成する建築。

またこの壁と太陽光によってできる光の粒子はキレイだった。

d0110801_2242327.jpg

d0110801_2252531.jpg


ランチはこの建築内にあるカフェでいただいた。

先日は有名建築内で好きな音楽を聴き、

この日は有名建築内で美味しい食事。 次は何かな。

d0110801_2253694.jpg

d0110801_2254672.jpg

d0110801_2261887.jpg

d0110801_226275.jpg


ランチ後には同氏が設計した駅横にあるパビリオンを見て、

馬頭広重美術館へと向かう。

d0110801_2265332.jpg


那珂川町にあるこの美術館は隈さんのことを知ったころから見たかった建築。

予想とは違い、町中に位置していたが、

凄く目立つわけでもなく、隈さんが言う「負ける建築」ではないが、

裏の山の自然と調和するような外観は美しかった。

d0110801_2273654.jpg


全体のフォルムは非常にシンプルなものだが、

少し低めな軒を潜ると開放的な切妻屋根の裏側が広がり、

右側の美術館内へと導かれる。

d0110801_2271022.jpg

d0110801_2271912.jpg


館内へと進まずそのまま直進し、また軒を潜ると

そこには裏にそびえる山と空が広がる。

美術館の山側は建築の建つ敷地よりも高くなっているため、

山側から見る那珂川町とそのさきの田畑、山の風景を建築が遮ることなく広がる。

d0110801_2275063.jpg

d0110801_228092.jpg

d0110801_2281719.jpg


外にいても、中にいても気持ちのいい建築だった。

館内に展示された広重の作品も見たことがある作品ばかりだったし。

広重の作品と館内を満喫していると、

段々と日が落ち始めたので、急いでSUMIKAプロジェクトのある、

宇都宮駅近辺へと向かう。

d0110801_2282963.jpg

d0110801_2283810.jpg


着いた頃にはほぼ日は落ちていたが、

藤本さんと西沢さんの作品を発見でき、カメラのライトを使いながら見る。

d0110801_2285840.jpg

d0110801_22992.jpg


この藤本さんの作品の隣に西沢さんの作品はあるのだが、

外観が黒いため、ほぼ何も見えず。

この作品のいいところは、周囲の戸が大きく開くところや、

室内への日の光の入り方であるため、それはまたの機会にお預け。

伊東さんのパビリオンは東京ガスの敷地内にあり、

時間的にもうエントランスが閉められていたので

フェンス越しに車内からチラッと見ただけ。

辺りはもう暗かったが、大学ならライトアップしているだろうと、

作新学院大学のキャンパスへ。

d0110801_2292064.jpg


うちの大学ですら、休日の夜だろうが、明かりがあり、学生もうろうろしているので、

そんな予想をしながらいったが、学生の姿は無く、明かりも外灯しかついていない。

そんなちょっと寒々しい雰囲気の中、外灯の明かりの下

隈さんが設計した学生館を見る。

この学生館の周りには水盤があるのだが、

夜には通路と水場との境が見えずらい事からの落下対策なのか、

緑色のフェンスが取り付けられていた。

これがなければ写真で見たように、キレイに見えるのだろうが、

落下などの対策を考慮したデザインは出来なかったのだろうか。

入り口の傘立てに忘れられた傘がいい雰囲気を出していた。

d0110801_2293553.jpg

d0110801_2294829.jpg


時間が無く、石の美術館や大谷採石場跡は見にいけなかったが、

また機会があれば是非行ってみたい。


年末、段々と忘年会の予定が決まり始めてきた。

お金をセーブしておかないと。

それにしても、先月のゼミ旅行代が痛すぎる。。。
(予約していた旅行会社が倒産してお金をとられるという始末。。。)



♪ emotion - hiroshi tamaki
[PR]
by mkiwi | 2009-12-15 02:47 | *architecture
*2oo91211
d0110801_0551971.jpg


久々にその日のうちにblogをupする気がする。

今日は前々から楽しみにしていた、リサイタルへ。

このリサイタルへ足を運んでみようと思ったきっかけは、

先月の15日に放送された「情熱大陸」。

ヴァイオリニスト・宮本笑里さんに密着取材した内容だった。

元々クラシック音楽は好きだし(詳しくは無いが)

テレビCMなんかでも見かけていた彼女。

番組を観て、歳も近いし、丁度自分と同時期に

慣れない海外生活を送っていたということで

勝手にほんの少し親近感を持ち(彼女の方が数十倍も苦労しているが(^^;)

調べてみるとリサイタルツアー中。

クラシックのコンサートは幼い頃に家族でいった以来だし、

1人コンサートデビューにはいいだろうと思い、

まだスケジュールが未定な1月での東京公演は避け、

本日の神奈川県立音楽堂でのリサイタルへ。

会場である神奈川県立音楽堂は凄く大きなホールでは無いが、

設計は前川國男氏。

有名建築家の作品の中で、聴きたかった音楽を生で聴ける。贅沢だ。

生憎の天候だったが、大勢の方が聴きに来ていた。

ご本人はテレビで見たままな雰囲気。

演奏は勿論素晴らしかった。

歌手のライブやコンサートって、CD音源とは違った生の感じがやはりある。

それはそれで、ライブのいいとこでもあるが、

彼女の演奏は、CD音源を超えた、生の音の凄さ、音魂のようなものを感じた。

ただただ演奏する彼女を見つめ、聴き入るだけ。

段々とそこに、その音とリンクしてくるような画が霞んできたり、

あの体験は初めてだった。

母親にもメールで言われたが、癖になりそうだ。


オーケストラやギターリストのライブは見たことがあったが、

ヴァイオリニストの演奏姿を生で見るのは初。

今日見て改めて思ったことは、

美しい音色を奏でる楽器は、フォルムも美しい。

そのフォルムはほぼ16世紀から代わっていないという。

そして不思議な事に、それを演奏する演奏者の姿も美しい。

自分は演奏する宮本さんを彼女から見て右側から見ていたのだけれど、

弓を操る腕や指先、そして弦の上を滑らせる指、

特に腕の動きは美しかった。

人間って美しいなぁとホント感じた。

あまり書くと、ただの変態に思われてしまうのでこの辺にしておこう。。。


前半、後半と分けて約2時間に及ぶ演奏のどの曲も美しかったが、

個人的にはご本人が初作曲したという「dream」を生で聴けてよかった。

自分の作品はやっぱり他とは違う感情がこもるだろうし。

中学時代を過ごしたドイツ・デュッセルドルフでの日々を思い浮かべながら

作曲したというこの曲。

自分の中では何故か、

小学校の時住んでいたNY郊外の町、ScarsdaleとHartsdaleを結ぶ、

Pipe lineを永遠と車で走っている映像が浮かんでいた。


ちょっと早いが、

自分へのいいクリスマス・プレゼントになった。


そういえば今日はもう1つ初体験を。

帰りに音楽堂前で子供を連れた若いお母さんに、

品川庄司の庄司さん?

って言われた。。。

嫌ではないから別に行けど、正直反応に戸惑う(^^;

というか、そんなに似てるのか??


♪dream - emiri miyamoto

※画像はhttp://emirimiyamoto.com/より転用。
[PR]
by mkiwi | 2009-12-12 00:56 | *music
*2oo91129
d0110801_073638.jpg


溜まっていた先月分。これで終わり。

先月の28,29日の週末はゼミ旅行で箱根へ。

その日午前中は予定があったので、

午後から高速バスで箱根へ。

初1人高速バス。意外といい。

といっても、中では寝ていたが。

研究室のゼミ旅行も参加するのは今回がラスト。

同期は5人いるが2人が私用で来られなかったため、3人。

ドクターの先輩方も来られなかったため、

院生は3人とちょっと寂しかったが、

後輩(特に4年生)とはそこそこ飲んだし、どうしようもないゲームもしたし(笑

卒業論文と設計をこれから迎える彼らといい交流ができたと思う。

今回のゼミ旅行ではちょっとしたハプニングも。

同期の中で一番お酒が強いと思われていたU介がダウン。

お酒を飲みすぎて、気分が悪くなって。。。の先を体験したのは

今回が初だったらしい。

学生生活残り僅かなうちに、経験しておいてよかったね(笑

後輩たちの卒業論文、設計の中間発表もしっかりしていたし、

充実したゼミ旅行になった。

翌日の帰りはU介がそんなんで、気分が優れていなかったので、

代わりに自分が途中から先生の愛車ベンツを運転。

それまでは、箱根の観光スポットを先生が案内してくれ、

なんとなく箱根がどんな場所かは体験できた。

また近く、訪れてみたい。そのときはもう少しゆっくりと。
[PR]
by mkiwi | 2009-12-12 00:07 | *school life
*2oo91126
d0110801_23183395.jpg


師走に入ってもう約一週間。

昨日は学術講演会で論文発表も終わり、

2oo9年のイベントももう終わりかな。

とりあえず、

どんどん溜まってしまう前に先月分の日記を。

*2oo91126

昼過ぎに新宿へ。

匠と卒業旅行の打ち合わせMTG。

場所が新宿ということもあり、

前々から気になっていたDADA cafeへ。

d0110801_23185426.jpg


代々木のドコモタワーの足元、

古民家をリノベーションしてできたカフェ。

リノベといってもほぼ民家のまま。

d0110801_23184445.jpg


ランチにカレーを頂く。今度は庭に面した方でお茶でもしたい。

いくつか卒業旅行の内容を決め、匠はバイトへ。

夜はワタリウムで建築家・谷尻誠さんのトークショーがあったため、

20時まで都内を散歩して時間を潰す事に。

外苑のケヤキ通りを、紅葉時期に生で見たことが無かったため、

いい機会だと思い、ゴールに定め歩く。

新宿→代々木→明治神宮→原宿→原宿団地→

神宮球場→聖徳記念絵画館→ケヤキ通り→外苑前。

d0110801_2319825.jpg

d0110801_23192318.jpg

d0110801_23194847.jpg


神宮球場横の國學院高等学校の裏エリアは

古い団地が多くあり、いい雰囲気だった。


20時からのトークショーの前に、

ワタリウムで開催中の

メキシコの建築家ルイス・バラガンの展示会を見る。

谷尻さんのトークは

作品と彼の目指している建築、空間の話が混じったもので、

あの若さでこんなにも多くの作品を残している建築家の経験話として、

「はじめて考える時のように」という話は、

建築のことを何も知らなかったときの良さみたいなことを感じさせられた。

大学1年のときとか、何も分からなかったから

ただひたすら自分が作りたい、いいと思ったことをやっていた

あの自分に正直だった感じは大切だなと。


ソンはしないから聞いときな - k dub shine
[PR]
by mkiwi | 2009-12-06 23:22 | *daily life
*2oo91123
d0110801_0533292.jpg


今月上旬での飲み会で、

美術館巡りをしようとなったメンバーで

世田谷美術館と先月リニューアルオープンしたばかりの根津美術館へ。

お昼に用賀で待ち合わせをし、世田谷美術館のある砧公園へ。

d0110801_0534355.jpg


中学、高校の頃、友達が用賀に住んでいたこともあり、

よくバスケをしに行った砧公園。

5,6年ぶりだったが、用賀駅から砧公園までの風景も、

砧公園内もまったく変わっていなかった。

世田谷美術館へ行く前に、

天気も良かったため公園内でキャッチボールなどして少し遊ぶ。

途中、近くで遊んでいた小学生も混じり、

キャッチボールしたり、何故か追いかけられたり、蹴られたり(笑

なんだかんだ2時間くらい?公園で遊び、

オルセー美術館展が開催中の世田谷美術館へ。

d0110801_054773.jpg

d0110801_0544219.jpg


展示内容は19世紀末のパリのアール・ヌーヴォー。

ロココのように派手ではないが、

上品さと華麗さを保ちつつ、植物的・自然的な色彩と、

適度に抑えられた装飾デザインはただただ美しかった。

d0110801_0541611.jpg

d0110801_0542966.jpg



予定より少し遅れたが、

世田谷美術館を後にし、根津美術館へ。

d0110801_055155.jpg


外は薄暗くなりかけていたし、閉館時間も17時と早めだったため、

展示物をゆっくり見るのはリベンジするとし、

一通り目を通して、庭園へ。

d0110801_055381.jpg

d0110801_0555114.jpg


青山にこんな広く、深い自然があるとは予想外だった。

リベンジの時には展示ももっとゆっくり見て、

明るい中庭園の奥まで歩いて、NEZU Cafeでお茶でもしたい。

d0110801_0552226.jpg

d0110801_056596.jpg

d0110801_0562930.jpg

d0110801_0564540.jpg



♪everytime - lincoln hawk
[PR]
by mkiwi | 2009-12-02 01:01 | *design
*2oo9112o
d0110801_0275931.jpg


この日は、

修士論文の参考資料を印刷するために、

午前中から初の国会図書館へ。

図書館の雰囲気は個人的に好きだが、

国会図書館はやはりどこか少し嫌な緊張感がある。

建築の雰囲気がまた違うと、緊張感ももっと柔らかなものになりうるのだろうか。


午後は大学へ奨学金関係で行く予定があったが、

銀行で足止めをくらい、時間もできたのでヤッシーと都内へ。

三茶を離れてから行く機会が減った渋谷へ久々に行く。

ちょっと気になっていたopening ceremonyを見て、

代官山へ移動しwindow shoppingしながら明治通り沿いを歩き、

北参道のGA galleryへ。

GA galleryでは

現代日本の建築家展GA JAPAN 2009が12/27(日)まで開催中。

d0110801_028666.jpg


その後、ミッドタウンへ移動し、

21_21 DESIGN SIGHT で開催中の

「THE OUTLINE - 見えていない輪郭- 深澤直人・藤井保」を見る。

暗くなってからの21_21 DESIGN SIGHTと

展示してある深澤直人氏によるデザインプロダクト、

そのプロダクトを撮影した藤井保氏の写真と、

ほぼ無色な、シンプルな世界観が凄くいい雰囲気を演出していた。

今回の展示は、暗くなってから行くことをお勧めします。

きっと明るいときに見える展示の輪郭と、

暗くなってから見えてくる輪郭も違うのだろう。
d0110801_0251932.jpg

d0110801_0253026.jpg

d0110801_0273489.jpg


ミッドタウンの庭は、一面イルミネーションが敷かれ、幻想的な場となっていた。
[PR]
by mkiwi | 2009-12-02 00:30 | *daily life
*2oo91119
d0110801_012955.jpg

kengo kuma - studies in organic -

乃木坂のギャラリー間で開催中の

建築家・隈研吾氏の展示会へ。

好きな建築家の1人である隈さんの

単独の建築展へ行くのは初。

ここ数年の作品のディテール図面や

デザインのちょっとした違いを模型で検討したり、

プレゼ用の模型の表現方法のスタディや、

1つのルールのもとで可能である表現の追及など、

様々なスタディ模型などが展示されていた。

d0110801_015290.jpg

乃木坂から外苑前にある隈さんの事務所横を抜けて

青山墓地近くにあるプリズミックギャラリーへ。

今回展示している建築家は

ちょうど去年の今頃オープンハウスへ行ったメジロスタジオ。

着いたのがギャラリーの閉まる15分前とかだったため、

プロジェクトの説明文はデジカメにおさめ、

写真と模型を中心に見る。

d0110801_02298.jpg

17時過ぎ、

クリスマス色に染まり始めた表参道を抜け、原宿駅へ。帰宅。

Diorが真っ赤になっているのは始めてみた。
[PR]
by mkiwi | 2009-12-02 00:04 | *architecture


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログパーツ
*Link
以前の記事
2014年 07月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
カテゴリ
全体
*architecture
*design
*city
*competition
*cycling
*daily life
*friends
*memo
*movies
*music
*school life
*book review
*vocation
未分類
フォロー中のブログ
アキチ ノ キモチ。
NOTEBOOK
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧